無機系凝集剤「アクアリファイン シリーズ」株式会社タイショウ

無機系凝集剤

無機系凝集剤「アクアリファインシリーズ」は、天然の鉱物を主原料としています。
中性無機系凝集剤で安全性が高く取り扱いが容易なため、自然環境に悪影響を及ぼすことなく汚濁水を浄化します。

無機系凝集剤 アクアリファイン シリーズ
  1. 多種多様な工場排水にご利用できます。
  2. 従来の排水処理を1剤で凝集処理できます。
  3. 凝集沈殿タイプ・浮上タイプがあり、処理方法・処理設備に対応します。
  4. 排水に合わせた製品のカスタマイズや排水処理のトータルアドバイスを行います。

製品ラインナップ

製品名 使用用途
AR-2000       金属イオンの凝集に優れています
CA-2008       主に無機排水の凝集処理に向いています
TA-2011       汎用性が高く、様々な排水に対応が可能です
ライトシリーズ       フロックが浮上するタイプです
カスタマイズ品       様々な用途に向けた凝集剤の開発をします

凝集メカニズム

水に溶けない微粒子や油滴などが水中に一粒づつ存在しているとき、通常は時間と共に粒子同士が集まり水底に沈んだり分離して浮いてしまいます。これは粒子を構成する分子の分子間に引力があるために起こります。

微粒子が沈まずに一粒づつ分散するためには、粒子間に反発力が存在して引力に勝たなければなりません。
微粒子が沈殿せずに反発している場合、微粒子表面にはプラスかマイナスの電荷を持ち、また、これと同量の反対符号のイオンが、粒子の周りの水中に集まりプラスとマイナスの電荷が並ん だ状態になり水中を浮遊しつづけ凝集はしません。


凝集が起こるのは、凝集引力が電荷の反発力に打ち勝って粒子同士をくっつけてしまうからです。

アクアリファインは、プラス・マイナスの電荷を持つ物質や汚れを吸着する物質、沈殿を促進する物質など数種類の天然鉱物を配合した粉体で、荷電粒子を中和して電荷の反発を小さくし、汚濁水中に浮遊する「汚れ粒子」の間に入り、速やかにこれを凝集、沈殿させ清澄水とスラッジに分離します。

凝集メカニズム

排水別ビーカーテスト

アクアリファイン AR-2000使用

アクアリファイン AR-2000

鉛含有ガラス研磨 排水処理


アクアリファイン CA-2008使用

セラミック研磨 洗浄排水処理

セメント排水 凝集処理


アクアリファイン ライト 使用(浮上タイプ)

水性塗料刷毛等 水洗排水

米のとぎ汁凝集処理